2015年11月04日

経過報告2

いつも応援ありがとうございます。
そしてご心配おかけして申し訳ありません。


10月15日夜にむぎが嘔吐し、パルボ発生の緊急事態となって、3週間を迎えようとしています。
今日あたり、落ちつきましたというご報告が出来るかと思っていたのですが、まだまだ警戒を解く訳にはいかない様です。




前回ご報告した際、入院していたいちろう、ふわふわ、もこもこは、ふわふわだけが生還できました。


0683.jpg

もこもこは輸血して貧血も改善したのですが、下痢が始まり、低体温になり、29日夜、危篤との連絡を貰い病院に急ぎましたが、到着した際には身罷った後でした。

0682.jpg

いちろうは一度退院しましたが、どうも元気がでないままなので、30日再入院。
血液検査の数値はそんなに悪くなかったのに、夜になって病院で急変し、私の膝の上で息を引き取りました。


0681.jpg

一度は退院したしいこも、腸粘膜の損傷が修復できず断続的な下痢が続き、30日再入院。
輸血の後落ちついていた貧血が進み、下痢も頻繁になり、日曜未明に永眠。

しいこを斎場で見送った日曜午後の時点では、子猫室の14匹はどの子も食欲旺盛で元気もあり、仲間ともこれで一段落するかと話しておりましたが…




0680.jpg

今朝、むくむくが食事に口をつけない。
ちゅーるを出しても駄目。

ちゅーるにサプリメントを混ぜたものをシリンジで強制給餌すると、さして嫌がる事もなく食べてくれますし、嘔吐もなし、便も目の前でしてくれましたが、ころんといい状態。

ケージ等の消毒作業をしながら観察していると、みるみる元気がなくなっていくので、昼過ぎの診療を予約。

血液検査すると、思った通り、貧血が始まっていました。



今回のパルボで不思議なのは、パルボらしい症状ではなく、食欲不振で血液検査すると、白血球は下がってなくて、貧血が顕著なこと。

むぎやまりまり、じろうは白血球ががくんと下がって判り易い出方だったけれど、いちろう、しいこ、うるん、もこもこ、ふわふわ、つっちーは白血球数より貧血の方が問題でした。

もし最初にパルボが出ていなければ、パルボを疑わないだろうという症状です。



むくむくは、もこもこ程酷い数値ではなかったけれど、症状が進むに連れて貧血が進むのかどうかが気がかりですので、入院して治療を始めました。

0672.jpg

0671.jpg

0677.jpg


同じ様な状態だったうるん・ふわふわ・つっちーは、幸い軽い症状だけで済んで、今は食欲もあり元気にしています。




0674.jpg

0678.jpg

0673.jpg

0670.jpg

0676.jpg

今のところ、それらしい症状が出ていないのが、さっち、さぶろう、ろくろう、くらん改めゴロ、こま、くりん、るるん改めサムディ、くるん改めディマンスィ。
みな良く食べて元気に遊んでいます。

小さくて食が細く心配していたディマンスィも、ころころとまあるくなって、とても活発になりましたし、6兄妹の中で一番小さかったろくろうも、体がしっかりしてきて、顔も凛々しくなってきました。



それでも抗生剤服用を続けている為か、やはりウイルス暴露の為免疫が下がっているのか、真菌ハゲが出来ている子が続出しています。
特にうるんは一晩であっという間に全身ハゲハゲ状態になってしまいました。


お引っ越しを心待ちにして下さっているご家族には本当に申し訳ないのですが、まだ子猫室の園児達は移動厳禁が続きそうです。
どうかもう暫く見守っていてやって下さい。
園児達が早く優しい家族の元へ出発出来る様、引き続き体調管理に努めます。


ニックネーム いよだとばん&むう at 19:42| Comment(2) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
まだまだ大変な中、園児の猫ちゃん達の報告、有難うございます。
猫ちゃん達が元気になりますように
祈ってます。
Posted by まっちゃママより at 2015年11月04日 21:51
はじめまして。福岡で地域猫活動をしている者です。うちも先月、保護した子猫がパルボに感染しており、先住猫に次々と感染してしまいました。
記事を読ませていただきましたが、症状がとても似ています。
白血球がガクッと落ちてしまう子と
白血球はほとんど下がらないのに貧血が深刻になる子がいました。
白血球が0〜500まで落ちてしまった子は皆助かりませんでしたが、白血球が下がらず貧血のみだった子はなんとか助かっている状況です。

パルボは白血球のみが下がるのが普通なので、他の感染症(白血病orヘモプラズマ)を疑われましたが、白血病に感染している子はいないですし、ヘモプラズマは顕微鏡での検査では確認できませんでした。ヘモプラズマに関してはPCR(遺伝子検査)に出さないと100%正確に診断できないそうですが、どちらかというとパルボウイルスの新型というか従来のパルボとは違う状況の出方をしているように感じています。

それと、真菌も同時にひろまってしまっているのも全く同じ状況です
Posted by まっきー at 2015年11月05日 15:03
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/4098210
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック