2010年05月31日

下顎骨折2

下顎骨折が判明した仮名がく。

今後の治療相談をして入院を決めた後、担当のN獣医師に質問しました。

「ここ、なんで皮毛の色が変わってるんでしょうね?」って。

そう言い乍らその部分をじいっと見つめると、なんか違和感が。

???

0235.jpg

焦点を合わせて凝視すると、ようやく正体が分かりました。


う じ む し …

それは大量の蛆だったんです。

じっと見てると皮毛の下から沸き上がってくるような…
それはもう大量の蛆。



多分小蝿の蛆でしょう、がくの皮毛の下からうにょうにょ現れました。


正直悲鳴あげなかったのが不思議(笑)


他の部分はどうなんだろうと身体をひっくり返すと、お尻からまたうじゃうじゃとバッド(下向き矢印)


それを見た時「これ、直腸から内蔵にまで損傷及んでるんじゃ…」と。
となると、もしかすると間に合わないかもしれない、そう感じたんです。

0236.jpg


N獣医師は顔は引きつってますが冷静さを保ちつつ、何度もがくの身体に大きなスポイドでお湯をかけて蛆を洗い流してくれます。
いつも親切に対応してくれる獣看護士さんと一緒に、毛を剃り、あちこちに潜む蛆を退治してくれます。


これが蛆ではなくノミだったら、レボリューションやフロントラインが効きますが、蛆には駆虫薬が無いんだそうです。
次亜塩に付けても蛆は死なないそうです。
だから洗い流すとか、摘み取るとかしないと退治出来ないから、本当に厄介です。

(N獣医師、実は虫が苦手で、この晩悪夢に二度もうなされたとかあせあせ(飛び散る汗))


でも蛆は全身にうじゃうじゃ。

あまりのスゴさに、新人の先生が見に来るくらいですあせあせ(飛び散る汗)



そのうちがくの様子が変わりました。
お湯をかけているとはいえ、身体が濡れたことで次には身体が冷えて疲れて来たのでしょう。

とりあえず、処置はそこ迄にして後は入院して続きをお願いすることになりました。


でももしかすると…

こんな状態では助からないのでは、そんな心配があったのも事実です。




帰りの車の中で、やちゅさんと色々相談しました。

自力で食べてくれるなら、
自力で排泄できるなら、

身体に不自由が残っても、身体の一部が変形しても、猫の幼稚園で守っていく事ができるよね、って。

処置している間、がくは本当に安心した様に身体を預けてくれていました。

この子、人に慣れてる。
人を信じてる。

後は、この子の生命力の問題なんだと祈る気持ちで朝を待ちました。



翌朝まで病院からの連絡はありませんでした。
ということは、少なくとも危篤状態には陥ってない。

ドキドキし乍ら病院に電話。
担当のN獣医師は診察中でしたが、電話にでてくれた獣看護士さんががくの状態を詳しく教えてくれました。



がくは、あの状態で夜中から朝にかけて、自力でご飯を食べたんですグッド(上向き矢印)


希望が見えました。

自力で食べるなら、きっと体力も回復して、手術に耐える身体になる。
きっと蛆にも勝つことが出来る、そう思えました。


病院のスタッフ皆さんが、がくの身体を思いやって、時間を作っては蛆を退治して下さいました。
「この蛆虫が憎らしいよな」って言い乍らピンセットで一体づつ摘んで退治して下さったそうです。

本当に有り難いです。

0244.jpg

そうして、会いにいく度がくは綺麗になっていきました。
院長も数日して「蛆には勝てたなるんるん」って。
副院長は「あの子、ほんとに強いるんるん」って顔(笑)


体重はまだ増えません。
保護した時は900g。
身体の大きさからしたら倍以上無くてはいけないのに。
入院して数日でわずかに100g増えただけでした。

それでも、がくは生きてる。
毎日身体を綺麗にしてもらって、沢山甘えさせてもらって。
傷を舐めると悪化するので、特性のカラーを付けて貰っていたがく。
そのカラーには、N獣医師が、優しいコメントを書き加えて下さってました。

0243.jpg 

「ささみが好きです揺れるハート
腰を撫でられるのも好きです〜」って猫(笑)


本当にベルさんに走って良かった。
諦めずに治療お願いして良かった。


その3に続きます…


晴れランキング参加中晴れ


アフィリエイト同様、
保護猫達の為にポチポチッと宜しくデス(^-^)

banner_04.gif

人気ブログランキングへ


にほんブログ村 猫ブログ 猫 里親募集へ

猫「猫 里親募集ランキングへ」



【がく/下顎骨折の最新記事】
ニックネーム いよだとばん&むう at 19:38| Comment(5) | TrackBack(0) | がく/下顎骨折 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
初めてコメントします。下顎骨折1を読ませていただいてずっと気になっていました。がく君はどうなってしまったんやろってずっと思っていました。そんなにひどいケガをした子を見たことがなかったんです。でも今ホッとして思わずコメントしてしまいました。幼稚園さんや獣医さん達にただただ感謝です。幼稚園さんに発見されずにあのまま一人ぼっちで苦しみながら死んでしまってたのかと思うと可哀相でなりません。偉そうなことを言って何もできない私ですが陰ながらがく君の回復を祈っています。
Posted by 伊東明美 at 2010年06月01日 00:02
初めてコメントします。下顎骨折1を読ませていただいてずっと気になっていました。がく君はどうなってしまったんやろってずっと思っていました。そんなにひどいケガをした子を見たことがなかったんです。でも今ホッとして思わずコメントしてしまいました。幼稚園さんや獣医さん達にただただ感謝です。幼稚園さんに発見されずにあのまま一人ぼっちで苦しみながら死んでしまってたのかと思うと可哀相でなりません。偉そうなことを言って何もできない私ですが陰ながらがく君の回復を祈っています。
Posted by 伊東明美 at 2010年06月01日 00:03
初コメです。猫の幼稚園さんの活動はずっとブログで拝見していました。がくくん、本当に大変な猫生だったのですね。でも、猫の幼稚園さんとのご縁でこれからは一つ一つ幸せを掴んでいって欲しいと思います。
体中満身創痍だけど、がんばれ!!応援します。
Posted by のりママ at 2010年06月01日 00:37
その1を読みずっと気になってましたがその2を読みホッとしてついうるうる(;_;)
傷ついてる猫ちゃんは警戒心などとっても強かったりで人を恐がったりするはずなのにがく君の『生きたい、助けて…』っていう強い気持ちが伝わってくる気がしますね。
がく君頑張って〜(^_^)
Posted by たんたん at 2010年06月01日 13:08
初めまして。下顎骨折・・のタイトルに驚きました。そんなひどい怪我をしながらも、小さい身体で頑張って、猫の幼稚園さんたちに会うことができたのだと思うと奇跡のようです。
そして、みなさんの献身的な行為に頭が下がります。
がくちゃんの回復を信じて、祈っております。
Posted by イリス at 2010年06月02日 10:33
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: 絵文字[必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://a-thera.com/tb/2099251
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。
※言及リンクのないトラックバックは受信されません。

この記事へのトラックバック